AQUARIUM BUSレポート

7月24日、熱帯魚と生き物の展示会AQUARIUM BUSを視察してきました。

弊社クライアントである「消臭・除菌」の商品開発のプロジェクトで開発した商品「クリーン・リフレ(ペット市場)」の新たなチャネル拡販の為の業態視察が目的です。

場所は、浅草「浅草寺」から数分のところでしたのでせっかくですので参拝を済ませ、会場に向かうことにしました。

大変な猛暑でしたが1日の展示会イベントとなっているため、早くから購入目的での個人、ファミリーでの一般入場者が多く、コロナ禍で熱帯魚をはじめ爬虫類等のペットが更なるブームを呼んでいるためか盛況な展示会となっていました。

特に爬虫類においては餌がコオロギなどの「虫類」DSC_1032が中心であり、その飼育されるゲージ内の消臭効果を目的とした商品改善に力を入れて新たなチャネル領域として着目しています。

クリーン・リフレは犬や猫の毎日の飼育・清掃等で消臭効果があり、ペットのトイレ廻り、ゲージ廻りでも効果を発揮しています。

今回は、「生体」の即売会ということもあり、新種からオリジナルでかけ合わせを行ったもの等、珍しい生体を各販売者がSNS等で事前告知を行っているためか情報がこの展示会前に告知されており、それらを購入すべく朝早くから列をなしていた状態でした。

各ブースでは、出店者が独自のプロモーション「タイムサービス」「粗品進呈」等、工夫を凝らしていて定期的に行われている為か、様々な販売促進のアイデアを駆使して精力的な販売を行っていました。

イベント本部スタッフに確認するとここ数年、コロナの影響もあり家庭内飼育需要が大きく延びており、毎回来場者数も延びているとのことでした。

今回は、商品企画の新たなチャネル領域の可能性という視点で視察を行いましたが、想像以上にマーケットが成長しているという点と、そのユーザー層がファミリー、女性層が思ったより多かったという点が新たな発見となりました。

見えてきた課題としては

・ボトル、ラベル等の顧客層を見据えたデザイン

・消臭、除菌という観点での飼育ケアの必然性アピール

・独自の販売システムの検討→NET販売(独自のEC展開)

・継続的注文メリット・SNS等の情報拡散と活用

これらを今後のチャネル開発の基軸に、「消臭・除菌」効果をクリーン・リフレの新たな拡販領域として、商品企画、販促の展開を広げて行きます。

新たな商品バリエーションとしてペット業界向け商品の今後にご期待ください。

 

各種「補助金」「助成金」申請コンサル&サポートのご案内【クリーニング業界編】

弊社では、コンサル事業の一環として各種「補助金」「助成金」申請のサポート業務をTAMA協会(首都圏活性化協会)様との連動で行っています。

今回のテーマでは、衰退している「クリーニング業界」をAI,ITを活用することで新たなビジネス領域、事業モデル構築までを視野に入れたアプリの開発、事業戦略を構築しています。
ここでは、情報として差し支えない程度の弊社の関わりとプロジェクトの進め方について説明致します。

「現状のクリーニング業界の課題」

・経営層の高齢化と事業継承
・衣類のカジュアル化とコロナによるリモート業務への転換
・設備投資による負担
・差別化される他社との優位性サービス(低コスト化、宅配、スピード仕上げ、技術力等々)
・専門技術者の育成とノウハウ継承
・集客の独自性とAI,IT技術の連動
・競合との差別化されたサービス構築

過去5年間の「店舗」「コインランドリー」「無店舗・宅配」の売上数位グラフです。これらからもわかるように店舗売り上げは、減衰傾向にありコロナにおける影響は2021年、2022年と更なる減少傾向になるものと思われます。

逆に、コインランドリー、宅配等は微増、横ばいとなってはいるが「店舗」の減少部分までを全て補完されている分けでは無いが、ここにわずかであるが新たな取り組みへのヒントがあると考えています。

・店舗事業を補完する「物流の仕組み」
・店舗コストを最小化させる「無人化」への転換
・AI,SNS等を活用する新たな仕掛けと仕組み

 等が今後の課題でしょう。

「クリーンニング業界の課題」

上図は、現状のクリーニング市場の課題を整理したものです。
これらの実態と課題を念頭に、克服すべきポイント及びKeyWordを優先的に、施策に取り入れます。

特に今後はアナログ的事業運営からAI技術を取り込んだ様々な顧客の囲い込み、販売促進等への取り組みが進み、従来の宣伝販促・チラシ、店頭接客から無人化店舗、非接触型の形態にサービス内容が替わっていくものと予測されます。
AI技術とアナログサービスの融合が今後の業界を牽引するものと考えています。

「新事業の課題解決と事業化のヒント」

本プロジェクトにおいては、以下の4大課題を具体的な開発、運用、運営までをトータルでサービス化 できるようAI,IT技術を駆使し「お客様満足度」向上させる仕組み(ビジネスモデル)を提供していきます。

・24H対応可能なアプリ開発(店舗、クリーニングBOX、工場との連携システムを構築)   
・店舗不採算店舗のコスト削減➤無人化店舗構想
・物流コストの削減と物流効率UP➤オリジナルアプリ開発による24H受注システム
・エリア外への対応➤中堅拠点化の物流システム

 

アプリ開発

顧客と店舗/クリーニングBOX/工場とを連携させ24H予約(注文)が可能。宅配、配収車、工場との連携により忙しく時間がない、独身者、単身赴任者、子育て世代を中心にサービス提供。

グラフィックス3

 

店舗

無人店舗化を目指しアプリ連動型クリーニングBOXの開発(ID,顔認証による開閉システム)※ 画像はイメージ

 

ホテル

アプリ連動型の24H対応のホテルクリーニングBOX。 長期滞在者向けサービスとして開発、試験的開発開始。

 

中継拠点

アプリ連動型の24H対応の中継拠点化モデル。トレーラーハウスを活用することで店舗いらず、駐車場スペースで中間拠点としての機能を補完。アプリのID,顔認証により会員は出入り自由で24H対応の預かり、納品が可能となる。※画像は試作イメージ

グラフィックス9

このように弊社では基礎的マーケティング業務(市場調査、文献調査)から新たな事業構築指針、ビジネスモデル構築、事業計画作成、そして補助金採択後の事業運営までをトータルでサポートしています。

ご興味を持たれた事業主の方はどうぞお気軽にお問い合わせください。

ペットホテルにトレーラハウスご利用のご案内​

ペットと過ごす時間増によるケア用品や
コミュニケーションツールが好調

2020年度は新型コロナ禍で在宅時間が長くなり、ペットと過ごす時間が増えたことによる飼育者需要が拡大したことなどから、ペット関連総市場規模は小売金額(末端金額)ベースで前年度比103.4%の1兆6,242億円を見込む。

高まるペット市場とマインドキーワード

・高齢化によるペット依存 

・少子化によるペット依存

・高齢者ストレスケア

・コロナ禍での飼育対応時間の増加-

◆ペットともに豊かな暮らし

◆ペットとともに健康でありたい

◆ペットや子どもを楽しませたい

◆旅行に連れていきたい

ペットとともに旅行や外出ができるペットホテル

これから益々拡大していくペット市場にニーズを合わせるペットホテルの新しい取り組みのご提案です。
トレーラハウス型は省スペースで駐車場にも設置でき、お客さまのニーズに対応できます。






ペットゲージ
システムハイム 3MSミニ (グラスファイバー犬舎)
商品番号:SYSTEMHAIME-3MS MINI

Sサイズ:W615×D600×H600
Mサイズ:W1230×D600×H600
Lサイズ:W1230×D600×H950

トレーラーハウスによるペットホテル事業
ご興味を持たれた方は
下記フォームからお気軽にお問合せください。

写光レンタル販売(株)協賛ZOZOロッテマリンスタジアム4月28日ロッテ×楽天戦。トレーラーハウス展示イベント同時開催。

20220507_top

ZOZOロッテマリンスタジアムにてトレーラーハウス展示イベントが
「すらるみースペシャルナイター」と題して開催されました。

※「すらるみー」は写光レンタル販売㈱の登録商標です。

入場の際には入場者全員に「クリーン・リフレ/ロッテバージョン」の消臭、除菌水を10000名の皆様に提供。このコロナ禍を安全に過ごしていただくための配慮が施されています。

(このクリーン・リフレの企画、開発にも弊社がかかわっています。)
このファンブースも実は、写光レンタル販売(株)が提供しています。

「すらるみーSral Me」
トレーラーハウス一般展示

そして、今回の協賛イベントのメインはタイトルにもなっている「すらるみーSral Me」のトレーラーハウスの一般展示です。

今回の展示は小型の牽引免許を必要としない、小型サイズの「多目的スペース用(ワークスペース、喫煙スペース、子供部屋等)」とキッチンカー仕様の2種類を展示、沢山の方々が興味を示していただきました。特にキャンプブームということもあり普通免許で牽引移動が可能なこのトレーラーハウスには興味をお持ちいただけたようです。

多目的トレーラーハウス

トレーラーキッチンカー

弊社が関わるこのプロジェクトは、これらのユニットハウスをベースに新たな事業領域を構築していくお手伝いを行っています。

トレーラー型キッチンカー、トレーラー型ワークスペース等々、コロナ禍に負けない新たな事業領域創造と商品開発。そのお披露目の一コマが今回のロッテ球場様でのイベントとなりました。

続々と新たな専門トレーラー車両の開発に取り組んでいます。
ご興味をお持ちの方は、下記へお問い合わせください。

オーロラビジョンでは大きく、「すらるみースペシャルナイター」の広告が放映され熱戦を繰り広げた試合でしたが、残念ながら試合は楽天が2対1で勝利しました。

「ロッテチーム」の応援そして「写光レンタル販売(株)」を宜しくお願いいたします。

頑張れ!!ロッテ!!

新規事業・トレーラーハウス スペースイノベーション事業への取り組み

当社ではコンサル事業の一環として、以前からご縁のあった写光レンタル販売株式会社様とともに、新たなスペースイノベーション事業を展開します。

写光レンタル販売のイメージキャラクター・しゃこたん

その「核」となるのがトレーラーハウスです。

自社オリジナルのユニットハウスの制作・販売・レンタルを幅広く手掛けている写光レンタル販売様。そのノウハウを活かしたトレーラーハウス事業を展開します。

当社が担うのは企画・プロデュースと営業。トレーラーハウスの新たな活躍の場を創造します。ご期待ください!

マンガぷらっと「安心を持ち歩こう」withクリーン・リフレの2000本の無償配布開始

完成品6本

「マンガぷらっと」では新型コロナウイルス対策への取り組みとして、「一般社団法人マンガジャパン」「株式会社アクト」「日本エフ・ティ・ビー株式会社」のご協力により2000本の「クリーン・リフレ」(電解無塩型次亜塩素酸水)の無償配布を始めます。

お問い合せや、詳しくは以下のページよりご確認ください。
https://ipplat.jp/mangaplat/refre/

マンガ等の知的所有権の流通サイト「マンガぷらっと」を公開しました

新しいかたちの知的所有権の流通を行えるプラットフォーム「マンガぷらっと」を本日公開いたしました。

マンガぷらっとサイト
マンガぷらっと トップページ

https://ipplat.jp/mangaplat/

「マンガぷらっと」では、作品の著作権(知的財産)を所有する作家様(漫画家、作画家、原作者、クリエーター様)が無料で登録でき、その登録された作品を営業目的、広告・宣伝用に使用したいユーザー様が、目的に合わせて検索及び相談、交渉することができるサイトです。

作品の権利使用(許諾)については、ユーザー様からみて大変複雑で具体的交渉や、対応をどのように相談してよいかわからない!という現実に対し、簡潔に、スピーディーにサイト内で対応ができるようにいたします。
既存の作品及び新たな使用目的での相談等を著作権者様の許諾のもと、運営してまります。

プレスリリースはこちらをご覧ください

マンガぷらっとに関する問い合わせ先
Mail:ipplat@ipplat.jp  TEL:03-6661-7693
担当:菅

マンガジャパン定例会&萬茶会2020/01/11に参加しました

マンガジャパン定例会&萬茶会とは
「マンガジャパン定例会」では、マンガジャパン会員の先生方が月次で集まり、活動報告はじめ、各課題の検討と意思決定、新たな取り組みの検討を行っています。また、「萬茶会」では会員の先生方及び賛助会員の皆様との懇親を深め、情報を共有する場として会費制にて希望参加できる環境を提供しています。

写真1
写真2

マンガジャパン代表理事 里中満智子先生

1月11日のマンガジャパン定例会議後の「萬茶会(懇親会)」では、代表の里中満智子先生と参加した先生方、賛助会員の方々と少し早いバースディケーキでお祝いをしました!!
里中先生、誕生日おめでとうございます!!!

写真3

事務局・黄部長を中央に佐々木あつし先生、いわみせいじ先生とのスリーショット!!
すこし、酔いも回ってきたようです。

写真4

石山東吉先生、佐々木あつし先生、本庄敬先生、お願いされた色紙にイラスト作成ご苦労様です。!!!

写真5

三浦みつる先生毎回のご出席ご苦労様です。
素晴らしい、皆様のイラスト色紙が仕上がりましたね。

写真6

マンガ等の知的所有権の流通サイト「マンガぷらっと」2020年2月10日オープン

一般社団法人マンガジャパン
代表理事 里中満智子

株式会社アイピープラットフォーム
代表取締役 石田 有史郎

株式会社アイピープラットフォーム(東京都中央区日本橋 代表取締役:石田有史郎)は新しいかたちの知的所有権の流通を行えるプラットフォームビジネスである「マンガぷらっと」を2020年2月10日に開始する。
Webシステム開発の事業会社ブレインボックス株式会社とコンテンツ創造・運用・管理の知見をもつ株式会社アイピープラットフォームとのシームレスな連携により、複数の漫画家・クリエーター(作品)と依頼者とが「相談・商談・受発注・契約」に至るまで、トータルにビジネスを行える仕組みを構築する予定だ。

まずは、一般社団法人マンガジャパン(東京都豊島区上池袋 代表理事 里中満智子)との業務提携からスタートさせる。
そして、今後の展開としては、幅広く漫画家、小説家、クリエーター、アニメーター等にも参加を呼びかけ、日本国内外からの漫画家起用、作品起用要請に対応できる仕組みを構築させる予定だ。

初期の立ち上げ時においては、常に課題となる権利関係を明確にし、作家自身が苦手としている契約等のサポートをシステムで行う。
また、システムとディレクションサポートを併用することで、権利許諾の流通だけにとどまらず、企画から新たなコンテンツとして提案するといったビジネスに領域を広げることが可能と想定している。

この新たなコンテンツビジネス創造のアプローチは新しいビジネスモデルとして注目を集めるものと確信している。特に権利関係を所有している作家、漫画家、クリエーター、これからの若手のクリエーターにも間違いなく支持される仕組みとなるだろう。

「マンガぷらっと」公開予定:2020年2月10日

「問い合わせ先」
Mail:ipplat@ipplat.jp  TEL:03-6661-7693
担当:菅