女帝の手記

作品名

女帝の手記

作者

里中満智子

作品情報

出版社名:読売新聞社(初出)
発表年:1992年
巻数:4巻

作品概要

時は奈良時代、聖武天皇と光明皇后の間に生まれた娘、阿倍内親王。 皇太子だった阿倍の弟は体が弱く、幼くして死んでしまう。 藤原氏直系で唯一の内親王となった阿倍は、皇太子として即位する。 藤原家の期待を背負い、女の幸せを捨て、阿倍の政治家としての日々がはじまろうとしていた… 史上初の女性皇太子となり、二度、天皇として即位した女帝の華麗なる生涯。

この作品の権利について

すべての権利を所有し許諾可能

作品使用についてのコメント

このページの代表者

里中満智子



この作品へのお問い合わせ

※メッセージを送信するにはログインが必要です。利用者登録がお済でない方はこちらから登録してください。