佐佐木あつし先生 インタビュー

インタビュー日:2020年1月28日
インタビュアー:アイピープラットフォーム 菅 IPP 菅


IPP 菅 今日は、マンガジャパン正会員であり漫画家の佐佐木あつし先生にインタビューさせていただきます。今日は、お忙しい中弊社にお越しいただき誠にありがとうございます。 早速ですが、インタビューを始めさせていただきます。
IPP 菅 漫画家になろうと思ったきっかけと時期は?
佐佐木先生 物心ついたころそうですね、小学生の3,4年生のころから自分は漫画家になるんだと決めていたというか漫画家になれると信じていましたね。とにかく漫画を描くのが好きでそうなれると思っていました。
とにかく漫画家になるために必要なものはなんなのか?常に考えて独学で勉強をしていました。
IPP 菅 実際にストーリーをつくり作品として描いたのはいつのころですか?
佐佐木先生 中学2年のころから出版社に投稿していました。たまたまですが「リボン」に投稿した作品が「Aクラス」評価をもらいまして、これで、自分は漫画家になれるんだと確信に変わりました。怖いもの知らずって言うやつですね。(笑)
そんな勢いも手伝って少年サンデーにも投稿したら最終審査まで行って、後は賞をもらうだけだと信じて疑うこともなく待っていたら見事落ちました。ショックでしたね~(笑)
今でもその時のショックは忘れられないですね~、でもそれがあったから次のステップにも行けたんでしょうね・・・(笑)
IPP 菅 デビュー作はいつ頃、どんな作品だったんですか?
佐佐木先生 21歳の時に単品の読みきりで講談社から「あの娘はわがままシンデレラ」という作品です。まだ、青年誌が少なかった時代ですからその頃は少女漫画をかきたくて一生懸命描いていましたね。デビューは通過点であり好きな漫画をこれで描けるようになるんだと思っていましたね。